石川中央魚市株式会社おかげさまで50年

朝セり

石川の新鮮で美味しい魚を、「朝セリ」を通じて全国へ発信します。

朝セり

平成20年4月1日より、当社と石川県漁業協同組合(JFいしかわ)はお互いの事業を通じて、県産水産物の県内消費の拡大推進を図ることを目的に「朝セリ」を実施しています。

「地産地消」の強化に取り組む

従来、早朝に水揚げされる魚は夜中のセリに間に合わず、一部が翌日のセリにかけられ、大半が県外へと流出していました。
そこで、夜中のセリとは別に行う「朝セリ」を導入することで、地元消費者のみなさまに、石川県産朝とれ(定置網主体)の新鮮で安全・安心な鮮魚を提供し「地産地消」の強化を図り、生産者に対しては流通の効率化を実現しました。

セリの種類 通常のセリ 朝セリ
開催時間 AM3:30~ AM8:30~(冬期は9:00~)
取り扱う品物 国内外のあらゆる水産品 石川県産の朝とれもの(朝に水揚げされた鮮魚)
形態 主に選別された規格品を扱う 規格外や少量のものまで幅広く扱う

取り組みの広がり

「朝セリ」では、石川県産の近海魚を漁港から大型水槽のまま当社の卸売場に搬入し、県産の『朝とれもの(朝に水揚げされた鮮魚)』に限定した卸売を行っており、加工品の開発や取扱いにも着手しています。
また、仲卸各社や売買参加者とも協力・連携を図り、日曜日や休市日にも朝セリを行うことで、近江町市場や量販店・鮮魚店を通じて消費者のみなさまに鮮度の良い県産魚を届けられるよう努めております。

取扱高推移

「朝セリ」は、平成20年の開始以来、生産者や地元の理解を得て徐々に浸透し、順調な伸び率を見せています。
また、石川県の水産物は年間を通じて魚種・漁獲量が豊富であることから定評があります。

主要魚種・漁期 取扱高推移